スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ぐまずきん その2
ぐまずきんはなんか割に合わないと思いおばあさんへのお土産を
拝借しつつおばあさんの元に向かうことにしました
しかしそんなぐまずきんを見ている者がいました
それは「はらぺこおおかみ」でした
gumazukin5.jpg
はらぺこおおかみは考えました
(ぐまずきんはおばあさんのところにいくつもりだな?二人まとめて食べてしまえ)
はらぺこおおかみはぐまずきんを足止めしておき
先におばあさんを食べ待ち伏せをすることにしました

はらぺこおおかみはぐまずきんの前にあらわれこう言いました
「ぐまずきんさん、おばあさんのお見舞いですか?
それならお花を摘んで行ったらきっと喜びますよ?」
gumazukin6.jpg
そうするとぐまずきんはこう返事をします
gumazukin7.jpg
「ぐまは嫌々お見舞いに行くのになんでおばあさんを喜ばせないといけないの!このけだものめ!!」

はらぺこおおかみは軽くへこみながらなんとか足止めしようとこう言います
「おばあさんを喜ばせたらお小遣いとかもらえるかもしれないよ?」

するとぐまずきんは手のひらを返したようにこう言いました
「それなら摘んでいくさ!このけだものめ!!」

ぐまずきんはあからさまにへこむはらぺこおおかみを気にせず花を探し始めました
「この花なんていいんじゃね?」
ぐまずきんはそう言うと花の前に座り込みました
gumazukin8.jpg
そしてはらぺこおおかみは言いました
「いやいや、ありえなくね!?すっごい異臭はなってるじゃん!?
つかここどこ!?ジャングル!?なんでラフレシア普通に咲いてるの!?
もう摘むとか言う次元の話じゃないじゃん!?むしろ捕獲のほうが似合ってるような花だよ!?」

するとぐまずきんははらぺこおおかみをちらりと見てこう言いました
「だまれけだもの」

はらぺこおおかみはここにいると自分というものが無くなりそうな気分になってきたので
ぐまずきんの目を盗んで一足先におばあさんの所へ向かうことにしました

つづく・・・?

スポンサーサイト
【2008/08/19 21:11】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ぐまずきん その3 | ホーム | ぐまずきん その1>>
コメント
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
オモロー!!!
それにしてもオオカミがラフレシア知ってるとは・・・w

はやくその3見たいいいい
。('-'。)(。'-')。ワクワク
【2008/08/23 08:31】 URL | メイザ #qoNP.A5s[ 編集] | page top↑
メイザさんへ>
ええ、おおかみはラフレシアだって知ってるんです
色んな人を騙すために色んな知識をもっているのですよ† ̄□ ̄†
本当の事をたくさん知ってるってことはそれだけ嘘もたくさんつけるということなのでわしは嘘をつかないようにいつまでもアホでいたいと思います† ̄□ ̄†ノ
【2008/08/24 22:29】 URL | ぐま #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gumakoguma.blog44.fc2.com/tb.php/75-d18c9b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。