スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ぐま雪姫 その2
ぐま雪姫が7つになった日
王女はいつもの日課である秘密の鏡の部屋へやってきました

王女は鏡の前に立ついつものように鏡に尋ねます
「鏡よ鏡、国中で一番美しいのは誰だい?」

すると鏡は答えました
「王女様、ここではあなたが一番美しい
けれどぐま雪姫はさらに美しい
そしてそれらを映すこの僕が一番美しい フゥー!」

王女はカチンときて鏡を割ってしまいました
gumayuki3.jpg
一方、ぐま雪姫はお城での窮屈な生活に嫌気がさし
お城を抜け出して森へ逃亡していました

ぐま雪姫は森で憧れだったカブトムシやクワガタをとるなどして
楽しく遊んでいました

しかし、やがて日も傾きはじめ、ぐま雪姫はおなかがすきはじめてしまいました
何か食べられそうなものはないかと森を歩き回っていると
家らしきものを発見しました
gumayuki4.jpg
家らしきものの中から美味しそうな匂いが漂ってきます
ぐま雪姫は中に人がいない事を確認し、家の中に入っていきました

つづく・・・?

スポンサーサイト
【2008/09/30 20:48】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぐま雪姫 その1
とある国に一人の王女がいました
ある雪の日、王女は編み物をしながら思いました
「くまのように凶暴で
雪のように白く
黒檀のように腹黒い
そんな子が産まれたらやだなぁ」
gumayuki1.jpg
数年後、王女は一人の娘を産みました
くまのように凶暴で
雪のように白く
黒檀のように腹黒い娘にならないようにと「ぐま雪姫」と名づけました

ぐま雪姫はすくすくと育ち、王女の願いもむなしく
やんちゃに育ってしまいました
gumayuki2.jpg
ぐま雪姫は毎日のようにお城に入り込んでくる虫を捕まえては
糸で結んで遊び侍女達を困らせては喜んでいました

つづく・・・?
【2008/09/29 21:02】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぐぬぬぬぬっ† ̄△ ̄†
こんなのずるいよ!!(`д´)っ
080925_1813~01
買っちゃうに決まってるじゃん(*´д`)カワユス
【2008/09/25 18:42】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夏の忘れ物
080920_1328~01
前はもっといっぱい抜け殻あったのにみんな何処かにいって一個だけになってた
なんか今のわしみたい
【2008/09/24 21:15】 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぐりむどぅーわ
そういえば悪い子の絵本の為に昨日古本屋でこんなの買ってきました† ̄□ ̄†っ
080923_1856~01
元の話の和訳らしいっす† ̄□ ̄†ノ
今ちまちま読んでるんだけどびっくりだよ( д )゜ ゜
例えば「シンデレラ」
原作のタイトルは「灰かぶり」ですorz
いきなりネガティブな感じorz
つか話の中でもシンデレラは灰かぶりとしか呼ばれてませんorz
いつからシンデレラって名前がついたんだろ?

あと魔法使いとか出てきませんorz
母親のお墓に植えた木が願いを叶えてくれますorz

でもそんなのどうでもいいと思える程のショッキングな出来事が!?Σ† ̄□ ̄†
わしの知ってるシンデレラでは最後に王子が靴を持ってきて姉達は
靴が合わなくてがっかり→シンデレラぴったりでハッピーエンドだけど
原作だと姉達
足切って無理やり靴に足いれます!!!!!!!!
しかも継母の指示で ガクガク(((† ̄□ ̄†)ブルブル
継母曰く
「切ってもはじめ痛いけどそのうちよくなるから」(このセリフだけだとただのエロだね)
との事です
姉達切ったけど結局ばれて切り損です つдT
原作は悪い子の絵本より残酷です つдT

他の話もさらっと残酷描写入ってるんだよね つдT
そこら辺は悪い子の絵本で描いた後に紹介していこうとおもとります† ̄□ ̄†ノ

まぁ色々言ったけど大人になってから読む童話けっこう楽しいわ(*´I`*)
見かけたら立ち読みとかしてみるのもいいかも† ̄□ ̄†ノシ

【2008/09/23 19:20】 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
三連休† ̄□ ̄†
土曜から今日まで三連休でしたノ† ̄□ ̄†ノ
でも明日から土曜まで仕事なので三連休のありがたみ半減っすorz

まぁそれはどうでもいいとして(わし的にはどうでもよくないけど)
今日はなにやら暇だったので一人でこそこそとUFOキャッチャーやりにいってきました
本日の捕獲されたものはこちら† ̄□ ̄†っ
080922_1434~01
2500円で4つでした† ̄□ ̄†ノ
どうなんだろ?まぁわしとしてはよく頑張ったほうだと思う† ̄^ ̄†

ところで一番右のやつモンスターハンターのアイルーって言うねこなんだけど
箱開けてみたら・・・
080922_1439~01
なんかめっさ凶暴そうだ(((† ̄□ ̄†)))
もっと可愛いの想像してた><

でもあたいこういうの嫌いじゃないよ† ̄ー ̄†っY
【2008/09/22 14:57】 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
久々のPSPの話
ええ、実はまだやってますファンタシースターポータブル† ̄□ ̄†
ダウンロードのクエストを乗り切る為に装備などをこそこそと集めております† ̄^ ̄†
ダウンロードのクエストの敵鬼強なのです つдT

今はノスディーガという魔法をおぼえられるアイテムを取ろうとなんか長い生き物をやっつけてる
こんなやつ↓
gumaPSP.jpg
いあ、ほんとはもっと怖い顔してるんだけどね
あともっとキモイ† ̄□ ̄†

PSPの攻略本が最近出たんだけどそれ見て衝撃の事実が!!
一人でやってると全部の敵倒せないらしい・・・orz
全種類の敵を倒すと称号もらえるんだけどわしはそれもらえませんorz
でも負けない!!† ̄□ ̄†9
ダウンロードのクエストでその出会えない敵に会えると信じてがんばるよ>▽<ノ
【2008/09/18 21:24】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひさびさにジュース† ̄□ ̄†ノY
ひさびさに新しいジュースを紹介でぃす† ̄□ ̄†ノ
はいこちら† ̄□ ̄†っ
080916_1906~01
なんか鼻から抜けるなんかがいい感じ>▽<b
おいしいよノシ>▽<ノシ

でもわし「塩キャラメル」って食べたことないから
これが塩キャラメルの味かどうかはわかんないorz
【2008/09/16 19:37】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
本当にあったくだらない話
ちょっと前の話です

仕事が終わりお風呂でさっぱりしてご飯を食べていると
親の部屋から両親の会話が聞こえてきたんです・・・

父「やい、なんか甘いものないかぁ?」

母「さっき言ったじゃん、無いってぇ」

父「なんかないのかぁ?はちみつとか・・・」

それを聞いて私は当然ご飯をふいてしまいました


なんで言うに事欠いてはちみつ?
ちなみに会話の真相はどうも父がトマトジュースを何かで割って飲みたかったらしいです† ̄□ ̄†

でもなんではちみつを一番初めに言ったんだ・・・?† ̄□ ̄†
わしの親だから・・・?orz


【2008/09/15 21:43】 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
わしの悩み (´・ェ・`)
最近「悪い子の絵本」はじめたじゃない?
その話と話の間に全然関係ないネタとかってはさむのってどうなんだろ?
なんか話がとぎれるみたいでなんとなく入れなかったんだけど
見てる人的にはそんなに気にならないのかな?
どうなのかな?
【2008/09/15 21:34】 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぐまデレラ その5
王子にダンスに誘われたぐまデレラ
二人は楽しく踊りはじめました
gumadere13.jpg
王子は言います
「いあいあ、これ違くない!?こういう所でこの踊りはなくない!?」
しかしぐまデレラは王子の言葉は耳に入っていないようでした
「ハイッハイッハイッハイッ!!イェーッ!」
王子は仕方なくぐまデレラにあわせて踊っていましたが
そのうちだんだん楽しくなってきてしまいました

楽しい時間はすぎるのもはやいもので12時の鐘が鳴りはじめました
するとぐまデレラは思い出したかのように叫びます
「ぐまもう寝る時間だ!!帰る!!」
王子はあわててぐまデレラに声をかけます
「君!名前を!」
そう言った時にはぐまデレラの姿はもうありませんでした

王子は名前も聞けずがっかりしていましたがあるものを見つけました
それはぐまデレラが忘れていった愛用のスプーンとカレー用のお皿でした
王子はそれを手にとり言いました
gumadere14.jpg
「このスプーンと皿の似合う娘を探そう!!」
王子はぐまデレラの名前を聞けなかったことでだいぶ混乱しているようで
訳のわからない事をいいはじめました
そんな王子を見て嫁にと思っていた娘達もドン引きでした

次の日から王子のスプーンとお皿の似合う娘探しがはじまりました
しかし「スプーンとお皿の似合う娘」というわけのわからない娘探しが
うまくいくはずなく、やがてあきらめて適当な嫁をもらいました

数年後
gumadere15.jpg
ぐまデレラは大好きなカレーを毎日食べるためにカレー屋さんを開きました
すると評判になり全国チェーンになるほど繁盛し
いい感じに左団扇で生きていきましたとさ

おしまい
【2008/09/15 21:25】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぐまデレラ その4
とことことお城までやって来たぐまデレラ
ですがぐまデレラの思っていた「武闘会」とはだいぶ違うようでがっかりしていました
gumadere10.jpg
とりあえずお城に入ったぐまデレラは来賓の為に並べられたたくさんの料理を見つけました
大好きなカレーは無かったようですが食べたことのないような料理にご満悦です
gumadere11.jpg
そんなぐまデレラを見つめる視線がありました
それはこの舞踏会を開いた王子様でした

そもそもこの舞踏会、王子様の嫁を探す為に王様が国民の血税を無駄に使って開かれたものでした
なので舞踏会に来た人たちは皆、王子との血縁関係になろうと必死でした
そんな中、王子には目もくれず料理にがっつくぐまデレラに王子は興味を持ちました

しばらく見ていた王子ですが意を決してダンスに誘う為にぐまデレラに声をかけました
gumadere12.jpg
「君、よかったら僕とダンスでもどうだい?」
するとぐまデレラは言います
「ん、いいよ、おなかいっぱいになったし踊って腹ごなしでもしようかね」
そしてぐまデラレと王子は踊りはじめました

つづく・・・?
【2008/09/12 20:45】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぐまデレラ その3
ぐまデレラの前に現れた魔女はぐまデレラの願いを叶えにやってきたと言いました
しかしぐまデレラは魔女のことを怪しんで話を信用したりしませんでした

ぐまデレラは魔女に言います
「なんで自称魔女はぐまの願いを叶えたいの?」

魔女は言います
「ぐまデレラがいつも大変な思いをして生活をしていたのを見ていましたよ
だからそんなぐまデレラにご褒美にと願いを叶えに来たんですよ」

するとぐまデレラはそんな魔女にこう言います
「なんだ、ストーカーか、ぐまも罪な女だよね」

魔女はとりあえずぐまデレラの意見はスルーして話を進める事にしました
「とりあえずぐまグレラの願いを叶えてあげたいと思います
ぐまデレラは舞踏会に行きたがっていましたね」

するとぐまデレラは言います
「うん、行きたいね、折角だから行こうかな?」

魔女はやっと話が進められると胸を撫で下ろし言います
「ではぐまデレラに・・・あれ?」
ぐまデレラは魔女の話を無視しなにやらごそごそしています
そしてごそごそをやめたかと思うと魔女に言います
「どうよ?このドレス?こんな時の為に作っておいたんだ」
gumadere8.jpg
ぐまデレラは自分の為には努力をおしまない娘でした

魔女は言います
「私の見せ場が!?」

そんな魔女を尻目にぐまデレラは言いました
「んじゃちょっくら言ってくるわ、じゃね」

魔女はあわててぐまデレラを引き止めます
「ぐまデレラ!?せめて馬車を、かぼちゃの馬車を!!」

それを聞いたぐまデレラは魔女に言います
「馬車とかいらないし、歩いて5分もかからないしね」
gumadere9.jpg
そう言うとホワイトボードを何処からとも無く引っ張り出し魔女に説明をはじめました

説明すること15分、最終的においしいカレーの作り方の説明になっていましたが
ぐまデレラは気にしません

「さて、そろそろいかないと舞踏会終っちゃうかもだから行くね」
ぐまデレラはそう言うとさっさと家を出て行ってしまいました

一人残された魔女はぐまデレラの出て行ったドアを見つめ言いました
「私は何のためにここに来たんだろう・・・?」
そして魔女もとぼとぼとぐまデレラの家を出て行きました

つづく・・・?
【2008/09/08 20:55】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぐまデレラ その2
ぐまデレラをおいて舞踏会に行くことを決めた継母と姉は
いぢわるの為にぐまデレラに二人のドレスを作るように命じました

そして舞踏会の開かれる日、継母はぐまデレラに言いました
「ぐまデレラ、ドレスの用意はできたのかしら?」
ぐまデレラは言います
gumadere4.jpg
「ん、できたよ、でもぐまに出来るのはこれが限界だな
さぁ、恥ずかしげも無くこれを着て行くといいよ」

ぐまデレラの作ったドレスを見て継母は言いました
「こんなのドレスじゃないじゃない!もういいわ!自前のドレスで行きます!」
そしていそいそと支度をし舞踏会に行ってしまいました

一人取り残されたぐまデレラはカレーを食べながら舞踏会に思いを馳せます
gumadere5.jpg
(ぐまも武闘会行きたいなァ・・・)

すると突然玄関のドアが開き一人の女性がぐまデレラの前にとことこと現れました
gumadere6.jpg
ぐまデレラは驚き、その女性に質問をします
「泥棒?ここたいしたものないけど好きにしてっていいよ」

女性は言います
「いえいえ、魔女ですよ、見た感じもう魔女でしょ?
黒い服だけどあからさまに目立つ服装でしょ?」

自称魔女と言う女性にぐまデレラはさらに質問をします
「ふーん、で?自称魔女がぐまになんか用なの?」

魔女は答えます
「今日は貴方の望みを叶えにきたのですよ」
ぐまデレラはそれを聞くと頷き言いました
gumadere7.jpg
「うさんくせ」

つづく・・・?
【2008/09/04 19:47】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぐまデレラ その1
昔々とある所に人間関係のドロドロの末に生まれた「ぐまデレラ」という娘がおりました
ぐまデレラはドロドロとした人間関係の末に継母と義理の姉とともに暮らしておりました
gumadere1.jpg
継母と義理の姉はいつもぐまデレラに厳しくあたります

継母は言いました
「ぐまデレラ!テーブルにまだこんなに埃が残ってるじゃない!
まともに掃除もできないの!」
ぐまデレラは言います
gumadere2.jpg
「まぁ大変だ、でもそんなに気になるんなら自分でやればいくね?
それともまともに掃除もできないの?」
「う、え・・・いあ、掃除はぐまデレラの仕事でしょ!?」

義理の姉も言います
「ぐまデレラ!晩御飯は出来てるの!早く用意して頂戴!!」
ぐまデレラは言います
gumadere3.jpg
「ぐまはカレーが好きなので今日はカレーです」
「あなたそんな事言ってもう一ヶ月もカレーじゃない・・・」
ぐまデレラはこんな感じでいぢめにも負けずに毎日すごしていました

とある日、お城で舞踏会が開かれることになりました
ですがいぢわるな継母と義理の姉はぐまデレラをおいて舞踏会に行こうと決めました

つづく・・・?
【2008/09/02 21:43】 | 悪い子の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
9月だね† ̄□ ̄†
今日から9月だね† ̄□ ̄†
今日から新学期っていう学生の人も多いんだろうね
でもがんばれ† ̄□ ̄†9
社会人になるともっと休み少ないから青春を謳歌し倒すといいよ† ̄□ ̄†b
がんばれ若者† ̄□ ̄†ノ
【2008/09/01 19:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。